牛肉の切り落とし

私の事務所兼自宅がある滋賀県蒲生郡日野町に、「岡崎精肉店」という老舗のお肉屋さんがあります。このお店は、「岡崎牧場」という自前の牧場で良質な近江牛を肥育して、販売されています。私が子どもの頃は、いかにも街のお肉屋さんといった風情のお店で、店頭で売られる揚げたてのコロッケやカツをよく買ってきたものですが、いつの間にか、全国に良質な近江牛を出荷する有名店に発展。昨年には、東京食肉市場で行なわれた「近江牛」枝肉共進会で最優秀賞を受賞するなど、全国的に知られた名店です。私が、2004年に、日本テレビ放送網株式会社に派遣社員として勤務していた頃には、日テレ局員御用達の汐留シティセンター「アセラ」(その後閉店)にも卸しておられました。
ここの近江牛は、最高級の品質を誇り、ステーキ用のテンダーロインは100g2,100円もするのですが、そういった肉の切り落としは、なんと100g250円という超破格で販売されています。その辺のスーパーで100g250円というと、アメリカやオーストラリアから輸入された牛肉のくず肉しか買えませんが、ここ岡崎精肉店の本店では、最高級近江牛の赤身肉で、しかも焼肉用として通用するような分厚く大きな肉が買えるというわけです。
実は、岡崎精肉店の肉は高級だという先入観があったため、全くご無沙汰だったのですが、100g250円の切り落としが凄い、という話を最近聞いたため、今回買い求めてみてびっくり。そこで、1kg買い込んで上京し、連れ合いや義母にも食べさせました。この値段で、このレベルの牛肉が食べられるのは、まさに奇跡という外ありません。ぜひ、皆さんもお試し下さい。ただし、あくまでも本店のみのサービスなので、お気をつけ下さいね。

 
 
 岡崎精肉店 http://www.beef.co.jp/meat/index.html


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM