民主分裂

いよいよ民主党が分裂するようです。マニフェストをどう捉えるかという観点から考えると小沢一郎氏の主張に一理あるようにも思えますが、そもそも、旧自民党の悪い部分(利権構造)を引きずっているのが小沢一郎氏であることは間違いありません。そう言えば、かつて、元自民党幹事長の小沢一郎氏らが自民党を離党して「新生党」を結成した際、我々は「シンセイ党」は「真正自民党」の略称ではないのか、と嘲笑していたことを思い出しました。つまり、55年体制下の自民党の悪い部分(エッセンス)を持って出たのが小沢一郎氏だというわけです。実際、後年「新民主党」で小沢一郎氏らと一緒になった後、政治に対する姿勢のあまりの違いに愕然とした記憶があります。特に、「若手の議員は国会に出席している暇があったら、選挙区を歩け。」という小沢一郎氏の指令に対しては、いったい国会議員の仕事を何と心得ているのか、と憤慨したものです。消費増税の是非という意味では、今の民主党執行部の考え方に大きな問題はありますが、それはともかく、この際、小沢一郎氏のグループを民主党から追い出すことで、もう一度、永田町のあり方を整理することには、大きな意味があると思います。単なる「選挙互助会」として、政策二の次の寄せ集め政党で二大政党制を目指すのではなく、しっかりと政策で有権者に選択肢を示せる二大政党制を実現すべきだと思います。民主党は、ここは一歩引き下がって、政策的に一致できる政党を築きなおした上で、再度自民党との二大政党制を目指すべきだと思います。金権まみれの小沢一郎氏は、一刻も早く、退場してほしいものです。


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM