讀賣巨人軍お家騒動

プロ野球の讀賣巨人軍のお家騒動は、球団代表の解任という事態に発展しました。私は、地元近江鉄道の親会社である旧国土計画(後のコクド)が西武ライオンズを保有した当初からのライオンズ・ファンですし、関西人としては根っからの「アンチ巨人」ですので、言葉は悪いですが、「ジャイアンツらしい醜態だな」と思ってしまいます。今回のお家騒動の中身については、マスコミでも盛んに報じられておりますので、あえてここでは書きませんが、渡辺恒雄氏(ナベツネ)と清武英利氏と、どちらが悪いか、といえば、恐らくナベツネの方が悪いのだと思います。なぜ、そう思うのか、ということですが、それは、事件の発端となった清武氏の記者会見がなぜ行われたのか、ということを考えれば、よくわかります。もっとも、それは、彼の会見の内容が正しいと思える、というようなことではありません。ナベツネ王国である讀賣グループの中で、専制君主たるナベツネに反旗を翻したら、どんなに正しいことを言っていても、クビになることは間違いありません。ですから、普通に考えて、清武氏が得をするということは、天地が逆さになっても、あり得ないのです。清武氏も元々読売新聞社の人間ですから、それがわからないはずはありません。それにもかかわらず、あのような会見を行ったのには、そうせざるを得ない事情があったはずです。そして彼の行動の結果、助監督だか、ヘッドコーチだかは知りませんが、江川卓氏の「入閣」が消えたことを考え合わせると、やはり、清武氏が、自分の身を捨てて、岡崎郁ヘッドコーチを守った、という構図だったと考えざるを得ません。よく犯罪捜査の鉄則として、「誰が得をするのかを考えろ」というのがあり、私なども、政治の流れを判断する時に、よく使う思考法ですが、それを使って考えると、今回のお家騒動は、このように解釈できるのではないでしょうか。長嶋茂雄終身名誉監督が、言葉汚く清武氏を非難したそうですが、まさに自分たちがふりまいている「老害」が、ジャイアンツから、延いては日本のプロ野球から、ファンを遠ざけている、ということが、まるでわかっていないと思います。「球界の盟主」だなんて、思い上がりも甚だしい。今回の事件で、そもそも大嫌いな巨人が、益々嫌いになりました。



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM