鉄ヲタ

最近、鉄ヲタ(鉄道オタク)と呼ばれる人たちが、いろいろと問題になっています。立ち入り禁止の鉄道敷地内に入って写真撮影をして摘発されたり、車輛の部品を盗んだり。直近の報道では、JR中央線を走る201系電車の最終の定時運行時に、プラットホームの柵によじ登って写真撮影をしたり、夜ということで、プラットホーム上でストロボを発光して写真撮影をする鉄道オタクが続出し、乗務員に叱られるといった事件が発生しているようです。そう言えば、ここ数週間は、JR中央線の列車に乗ると、あちこちの駅のプラットホームの端で、三脚を立てて写真を撮っている鉄道オタクが数多く見られ、写真撮影のために、併走する中央総武緩行線の列車の発車間際に、カメラを抱えて駆け込み乗車をするオタクにも、度々遭遇しました。はっきり言って迷惑ですね。実は、私は、中央大学在籍時、中央大学鉄道研究会に在籍していました。特に鉄道マニアというわけではなく、別に体育会の弓道部にも入部していたのですが、たまたま私が卒業した高校の先輩が鉄道研究会におられたため、その縁で私も入会したのです(私の出身校の洛星高等学校から中央大学に進学する生徒は、毎年4〜5人しかいなかったのです)。中大鉄研は、鉄道写真の大家・廣田尚敬さんを輩出した伝統あるサークルで、卒業生の多くが鉄道会社に就職しています。それだけに、マナーには大変うるさく、鉄道写真を撮影する際には、運行の安全を妨害しないため絶対にストロボは使用しない、乗客に迷惑をかける駅のプラットホームでの撮影は原則として避ける、線路内には絶対に入らない、鉄道会社や乗客に迷惑をかけない、といったことをたたき込まれました。中大鉄研では、年に2回、鉄道写真展を開催していたのですが、プラットホームから撮影した写真は「駅撮り(えきどり)」と呼ばれて軽蔑され、出展を認められないことが多かったように記憶しています。そして、自分たちは「ファン」であって「マニア」ではない、ということを誇りとしていました。他人に迷惑をかけるような行為をするのは「ファン」の風上に置けない、ということです。節度を守り、社会に迷惑をかけないことこそが、その対象を愛する人の資格です。最近の「鉄道オタク」の暴走は、全く嘆かわしい限りです。


びわこ号

大津パルコの「大津線ミニミュージアム」で、京阪の旧「びわこ号(60型63号)」を紹介するビデオ上映が行われているそうです。「びわこ号」は、戦前、京阪天満橋から京津線浜大津までを事実上のノンストップで直通運転した観光用特急列車で、集電方法や車輌限界といった規格の異なる京阪本線と京津線の両方を走るため、パンタグラフとポールを備え、日本の鉄道史上初めての連接構造を採用した画期的な車輌で、3輌建造されました。廃車後、一部の部品を取り外した状態で、長らく錦織車庫に放置されていた1輌が、今から約30年前に復元され、ひらかたパークに展示されましたが、10年前に展示を終了して、現在は寝屋川車庫で保存されています。京阪三条駅が地上だった頃の京阪宇治線直通列車用に使用されていた1番線と、京津線用の6番線とが、かつてはつながっていて、そこを通って「びわこ号」の直通運転が行われていました。その頃は、京阪山科駅に待避線があって、ここで先行する列車を追い越していたそうです。この「びわこ号」の運用は、昭和45年で終了したため、私は乗ったことはありませんが、中学・高校時代に山科に住んで、京津線を使って通学していたこともあり、ひらかたパークで公開されていた頃に、見学に行ったこともありました。今回のビデオ上映は、この「びわこ号」を大津に里帰りさせようという運動の一環で行われているものです。京津線の御陵−京阪三条間が地下鉄東西線開通により廃止、京阪本線の京阪三条駅も地下化され、京阪本線と京津線とは、もはや相互乗入れすることはできませんが、「びわこ号」の里帰りが実現するといいですね。


| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM