讀賣巨人軍お家騒動

プロ野球の讀賣巨人軍のお家騒動は、球団代表の解任という事態に発展しました。私は、地元近江鉄道の親会社である旧国土計画(後のコクド)が西武ライオンズを保有した当初からのライオンズ・ファンですし、関西人としては根っからの「アンチ巨人」ですので、言葉は悪いですが、「ジャイアンツらしい醜態だな」と思ってしまいます。今回のお家騒動の中身については、マスコミでも盛んに報じられておりますので、あえてここでは書きませんが、渡辺恒雄氏(ナベツネ)と清武英利氏と、どちらが悪いか、といえば、恐らくナベツネの方が悪いのだと思います。なぜ、そう思うのか、ということですが、それは、事件の発端となった清武氏の記者会見がなぜ行われたのか、ということを考えれば、よくわかります。もっとも、それは、彼の会見の内容が正しいと思える、というようなことではありません。ナベツネ王国である讀賣グループの中で、専制君主たるナベツネに反旗を翻したら、どんなに正しいことを言っていても、クビになることは間違いありません。ですから、普通に考えて、清武氏が得をするということは、天地が逆さになっても、あり得ないのです。清武氏も元々読売新聞社の人間ですから、それがわからないはずはありません。それにもかかわらず、あのような会見を行ったのには、そうせざるを得ない事情があったはずです。そして彼の行動の結果、助監督だか、ヘッドコーチだかは知りませんが、江川卓氏の「入閣」が消えたことを考え合わせると、やはり、清武氏が、自分の身を捨てて、岡崎郁ヘッドコーチを守った、という構図だったと考えざるを得ません。よく犯罪捜査の鉄則として、「誰が得をするのかを考えろ」というのがあり、私なども、政治の流れを判断する時に、よく使う思考法ですが、それを使って考えると、今回のお家騒動は、このように解釈できるのではないでしょうか。長嶋茂雄終身名誉監督が、言葉汚く清武氏を非難したそうですが、まさに自分たちがふりまいている「老害」が、ジャイアンツから、延いては日本のプロ野球から、ファンを遠ざけている、ということが、まるでわかっていないと思います。「球界の盟主」だなんて、思い上がりも甚だしい。今回の事件で、そもそも大嫌いな巨人が、益々嫌いになりました。


八商

八商こと県立八幡商業高校が、甲子園で、優勝候補の一角、帝京高校(東東京代表)を逆転で破りました。8回まで2塁もふめませんでしたが、最終回にねばり、9回1死から、遠藤選手の満塁ホームランでついに逆転、そのまま逃げ切りました。八商は、初戦の山梨学院大学付属高校戦でも、白石選手が満塁ホームランを打っており、同一大会で同一チームが2本の満塁ホームランを打ったのは史上初の快挙。とにかく基本の素振りに徹してきた練習が、本番で実を結んだということだと思います。八商は、もともと近江商人の子弟が通った名門校。私の祖父・高田徳左衛門の母校でもあります。次の対戦相手は、あの江川卓元投手の出身校・作新学院ですが、ぜひ、勝ちを意識せず、全力で戦ってほしいものです。


「赤富士」

故黒澤明監督の映画「夢」の中に「赤富士」という話があります。この話は、原子力発電所が爆発し、襲いかかる放射性物質から逃げ場を失った大勢の人が海に飛び込んで死んだあと、黒澤明と、発電所関係の男、2人の子どもを守ろうとする母親の3人が、人間の愚かさをののしり、あざける物語です。我が家にある数少ないDVDソフトの1枚なのですが、今回の福島第一原子力発電所事故の結末を暗示しているような気がしてならなかったため、今日、改めて視聴してみました。今回の事故が最悪の結末を迎えるならば、こんなふうになるのだろうか?と思われるような映像だったのですが、驚いたことは、この映画の設定が、6基の原子炉が次々と爆発して、プルトニウム239やストロンチウム90、セシウム137が人々に襲いかかる、というものだったことです。今回事故を起こした福島第一原子力発電所は、まさに映画の設定と同じ6基の原子炉を持っています。あれっ、と思って調べて見ると、国内で6基以上の原子炉を持っているのは、福島第一原子力発電所(6基)と、柏崎刈羽原子力発電所(7基)の2ヶ所のみ。ただし、柏崎刈羽原子力発電所の6号機は1991年着工・1996年運転開始であって、「夢」が公開された1990年当時に6基の原子炉を持っていたのは、福島第一原子力発電所ただひとつだったことがわかりました。私には、この一致は偶然だとは思えません。故黒澤明監督の頭の中には、福島第一原子力発電所がイメージされていたのではないでしょうか。この映画の中で、子どもを守ろうとする母親は、「原発は安全だ。危険なのは操作のミスで、原発そのものに危険はない。絶対にミスは犯さないから、問題はない、ってぬかした奴ら、許せない!あいつらみんな縛り首にしなくちゃ、死んだって死にきれないよ〜!」と叫びます。発電所関係の男は、それを聞いて、「すみません。僕も、その、縛り首の仲間の一人でした。」と頭を下げ、海に身を投じます。まさに、今回の事故の本質を物語るような映画です。ところで、どことは言いませんが、ある民放局では、親会社から出向してきている幹部が、原発事故を解説する解説委員に対して、「絶対に安全だと言え。」と直々に圧力をかけているそうです。政治・経済上の思惑で事実をねじ曲げようとするマスコミは、もはやジャーナリズムの使命を放棄したというしかないと思います。

今回の事故の本質に迫るブログがあります。ぜひ、判断の参考にして下さい、

 「長井健司のビデオカメラとテープを取り戻すために」


東京電力福島第一原子力発電所

東北・関東大震災発災当日のブログで、東京電力福島第一原子力発電所の危険性を指摘しましたが、その後の展開はまさにその通りになってしまいました。ここにきて、そもそもの設計に問題があったという証言が出て来ていますが、それはともかく、発災当初から海水注入を主張した官邸サイドに対し、東京電力側が廃炉を避けようと強く抵抗し、結局菅直人首相もそれに押される形で、対策が後手に回って、手がつけられない状態になってしまったというのが、現実のようです。どうも、元連合会長で、現在菅直人首相のブレーンである笹森清内閣特別顧問が、東京電力の御用組合である東電労組の出身であるということも、大きく影響しているようにも思われます。いずれにせよ、今回の事故が今後どのような顛末を迎えるとしても、日本の原子力政策は根本的な部分から見直さなければならないことになると思います。私は現在、原発銀座である福井県敦賀市に出張中で、日本原電敦賀原発や、高速増殖炉もんじゅ、関西電力美浜原発からわずか15キロ足らずのところに泊まっています。敦賀の皆さんも、今回の事故を見て、国や電力会社が言ってきたことと全く違う、と仰っています。まさに「だまされていた」といった思いのようです。昨日時点で、菅首相は「山場は越えた」とある首相ブレーンに語り、完全に解決したかのような、楽観的な表情を見せていたそうです。しかし、いろいろな情報筋から聞こえてくる裏情報は、むしろこれからが危ない、というものばかりです。外部電源がいくら引き込まれても、冷却系が完全に機能する保証はまったくなく、むしろ通電することによる火災発生の危険性すら指摘されています。最悪の被害想定では、東京を越えて静岡あたりまで、高濃度の放射性物質が降るおそれもあるそうです。私は、今日午後、日野から敦賀へ向かう途中、名神高速道路を、兵庫県警の交通機動隊及び同高速隊のパトカー8台と、ワンボックス車2台、サインカー1台の計11台が、東へ向かって走っていくのに遭遇しました。わざわざ兵庫県から交通機動隊のパトカーやサインカーが出るというのは、何らかの大規模な交通規制が行なわれる以外に考えようがありません。なにかきな臭いものを感じます。


平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震

今日14時46分に、三陸沖を震源とするM8.8の、我が国観測史上最大規模の地震が発生し、多数の死者・行方不明者・負傷者が出ています。まだ、被害の全容は判明しておりませんが、死者は少なくとも1千人を超える模様です。地震発生時、私はたまたま東京都三鷹市にある妻の実家におりましたが、南北方向の周期が長い大きな揺れが数分間にわたって続き、幸い家具の転倒には至らなかったものの、棚の上のものが多数落下して破損しました。公表された震度は5弱とのことですが、かつて経験した震度5(5弱・5強に分かれる以前)と比較すると遙かに大きな揺れだったため、恐らくは震度5強に限りなく近い5弱だったのではないでしょうか。その後も、現在に至るまで、震度4を最大とする余震が数十分間隔で続いています。地震発生後からしばらくは、固定電話や携帯電話が非常につながりにくい状況が続きました。三鷹市内や隣の武蔵野市内でも、火災やエレベーターへの閉じ込みが頻発したらしく、夜まで、緊急車両のサイレンが途切れることはありませんでした。また、首都圏のJR全線が最終列車までの全列車運休を決めたため、近所を通るJR中央線と並行した道路は、日頃の閑散とした光景から一変して、徒歩で帰宅するサラリーマンや学生であふれかえっていました。私は、かつて、阪神淡路大震災の際に、発災直後の現地へ入って、救援ボランティアをやった経験もあり、今回の地震でもいろいろと感じることはあるのですが、それは措くとして、今回の地震でもっとも考えなければならないことは、原子力発電所の安全性だと思います。東京電力福島第一原子力発電所の緊急炉心冷却装置を稼働させるための非常用電源が故障し、冷却水が注入できなくなって、原子炉内の水位が下がり、原子炉内の圧力が上がっています。このままの状態が続くと、最悪の場合、燃料棒が過熱して、炉心溶融(メルトダウン)が起こり、爆発して周囲に放射性物質をまき散らす恐れがあるのです。東京電力では、明日、原子炉内の蒸気を逃して圧力を下げる作業をするようですが、この作業により、一定量の放射性物質が大気中に放出される可能性があるそうです。政府は、原子力緊急事態を宣言し、発電所の周囲3キロ以内の住民に避難指示を出しましたが、この先事態がどのように推移するのかは、現時点では不明確です。原子力発電所は充分な耐震設計がなされていて絶対安全である、と、かつての自民党政府は主張し続けてきましたし、民主党政府もなんとなくその流れに乗ってきたようですが、今回の事態は、まさに地震大国日本における原子力発電所の危険性をはからずも白日の下に曝しました。この際、民主党菅政権は、原子力政策の抜本的見直しに踏み込むべきではないでしょうか。


試験監督

京都大学の入試問題が、試験時間中に「Yahoo!知恵袋」に投稿された事件は、河合塾仙台校に在籍する浪人生が逮捕されるという展開になりました。現在のところ、単独犯である可能性が高いようですが、そうなると、一部で既に指摘されているように、入試問題が投稿された大学の試験監督のあり方が問題になると思います。私は、大学時代に駿台予備学校東京校で模擬試験監督のアルバイトを3年間経験し、特Aランクにまで上りました。また大学4年生の時には、併せて同予備学校新宿校の昼間部及び夜間部(高校生クラス)の教務補助バイトとして、校内テストや小テストの監督にも携わりました。さらに、大学卒業後、駿台予備学校の学務課に就職し、模擬試験や講師採用試験の監督業務も行いました。さらに、最近では、年1回ですが、民間資格である「自主保全士試験」の試験委員の嘱託を受けて、試験監督に当たっています。まあ、今となっては回数もわからないぐらい、試験監督をやってきたわけですが、その経験上言えることは、試験会場で受験者が不正行為をしていると、一目瞭然すぐにわかる、ということです。駿台の模擬試験などの場合は、時には400人、500人といった数の受験者が1室で試験を受けるわけですが、問題を解く、という行為以外の行為をしていると、必ず周囲とは異なった頭の動き、身体の動きになりますから、それが目に飛び込んでくるのです。頭の動きがおかしい受験者がいれば、その受験者を複数の監督者で連絡をとりあって監視すればよいだけのことです。あとは、試験時間中に何回か、靴音を立てて、すべての通路を巡回すること。これだけで、ほぼ不正行為は防げます。報道によると、今回事件の舞台となった京都大学の試験会場では、各教室に数名の監督者がいたようですが、多くは前方に座ったままで、巡回していなかった様子です。これでは、不正行為をしてくれ、と言っているようなものです。例えば、超小型のビデオカメラを仕込んだ腕時計のような特殊な道具を使ったのならともかく、ごく一般的な携帯電話が使用されたということを考えると、試験監督が杜撰だったと考える以外にないと思います。


イレッサ

ここ数日、イレッサの副作用による死者の遺族たちによる訴訟の判決が報じられています。確かに、本来イレッサを使うべきではなかった種類のガン患者に対してこの薬剤を使用し、その結果重篤な副作用のために多くの方が亡くなったことは残念です。しかし、このことをめぐって、遺族が国やメーカーを訴えるということについては、大変大きな違和感を感じてきました。それは、イレッサが承認される直前の状況をよく覚えているからです。当時、私は三鷹市議会議員でしたが、末期のガン患者のグループから、一刻も早くイレッサを承認するよう国に働き掛けてほしい、という大変強い要請を受けていたからです。彼らは、患者間の横のネットワークで情報をやりとりし、インターネットなどを駆使して、海外の医薬品開発情報を収集し、その結果としてイレッサがまさに夢の医薬品であり、国は、一人でも多くガン患者の生命を守るために、一刻も早く承認する責任がある、と訴えていました。当時は、薬害エイズ事件が一定の解決をみた直後であり、政府としては、医薬品の承認に慎重になっていた時期でもありました。そんな中、彼らの強力な働き掛けがあったからこそ、人道上の配慮もあって、異例の早期承認につながったのでしょう。そのことを考えると、この副作用問題を「薬害事件」ととらえることには、いささか納得出来ないものがあるのです。大阪地裁が国の責任を認めなかったのは、ある意味妥当な判断なのではないかという気がしました。


八百長相撲

大相撲の八百長をにおわせる携帯メールの存在が明らかになりました。菅直人総理大臣は、「相撲はわが国で大変歴史もあり、国民的にも多くのファンを得ている国技だ。」として、衆議院予算委員会における答弁で問題視し、鈴木寛文部科学副大臣も記者会見で「日本の国技である相撲の根幹を揺るがしかねない深刻な問題だ。」と述べるなど、この事件に関する政治家の発言が相次いでいます。また、マスコミでも、連日大々的に報じられています。確かに、税制上大きな優遇措置を受けている公益法人として、その責任が大きいことは言うまでもありません。しかし、そもそも、相撲が「国技」だなどというのは、法的にも何ら根拠はなく、一説に、1909年に初代の相撲常設館が建設された際、「国技館」と命名されたのが、「相撲=国技」という考え方が広まったきっかけだと言われています。よく考えてみれば、それ以前から現在に至るまで、大相撲は「興行」と呼ばれています。「興行」とは、顔見世興行とか、演劇興行、プロレス興行といった言葉を見てもわかるように、いわゆる「ショー」のことです。『広辞苑』の第六版では「客を集め、入場料をとって演劇・音曲・相撲・映画・見世物などを催すこと。」と書かれています。つまり、大相撲は単なる見世物であり、娯楽なのです。相撲のそもそもの起源も、垂仁天皇の前で、野見宿禰と当麻蹶速とが力比べをし、野見宿禰が当麻蹶速を踏み殺して勝ち、褒美として大和国の当麻を領地をもらった、というものです。古代ローマのコロッセオで行われていた人間同士の殺し合いショーと何ら違いがなく、こんな野蛮なショーを起源に持つ相撲が国技だなどという考えは、いい加減に改めるべきではないかと思います。この際、日本相撲協会も解散し、大相撲もやめてしまってはどうでしょうか。続けるにしても、もはや高潔な精神性などを求めるのではなく、単なるショーとして、八百長をやっても、楽しければそれでよい、というぐらいのものにすべきでしょう。はっきり言って、こんなことで、閣僚や官僚が時間を費やすことほど、馬鹿馬鹿しいことはありません。


意味不明

COP10は、紆余曲折ありましたが、松本龍議長(環境大臣)の議長案がすべての加盟国から支持され、きわどいところで、全会一致で「名古屋議定書」を採択し、無事終了しました。強制力問題など若干の課題は残りましたが、過去8年間にわたる先進国と発展途上国との対立が激しく、到底まとまらないと思われたものが、最後の最後で妥結し、松本龍議長の手腕が大きく評価されているところです。ところが、ここで何とも解せないのが産経新聞の取扱いです。産経新聞は、報道の中立性を完全に放棄した極右偏向メディアとして、民主党政権発足以来、一貫して「何でも反対」という、全国紙として到底理解しがたい態度を示し続けているわけですが、なんと、COP10名古屋議定書の採択を報じるニュースサイトの記事に、ハリソン=フォード氏の記者会見写真を載せたのです。もちろん、記事本文中に、ハリソン=フォード氏の記者会見に関する説明など、1字たりとも報じられておらず、いったいその写真が何を意味しているのか、読者には全くわからないのです。そもそも、ハリソン=フォード氏がCOP10の会場になぜいるのかも、読者にはわかりません(もちろん私も知りません)。それにもかかわらず、なぜ産経新聞はそんな写真を掲載したのでしょうか?これは、どう考えても、名古屋議定書採択の一番の立役者である松本龍議長が民主党政権の閣僚なので、反民主の産経新聞として、単に気に入らなかったに過ぎない、ということだとしか考えられません。どうせ産経新聞だ、とは思っていましたが、ことここに及ぶと、もはやマスコミとは言えないと思います。因みに、日中首脳会談をぶちこわした主犯として、中国側から名指しされ、罷免要求まで出ている、外交感覚ゼロの前原外務大臣が、最も尊敬していると公言している師の故高坂正尭京大教授は、生前、産経新聞に連載を持っていた右翼論壇の第一人者でした。そのことを考えても、つくづく、産経新聞は国益を害する低レベルな新聞だと思います。


推定無罪

厚生労働省による、にせ障がい者団体の証明書偽造事件で、フロッピーディスクのデータを改ざんしたとして起訴された元大阪地検特捜部主任検事が懲戒免職され、上司であった元大阪地検特捜部長も事件の隠蔽を図ったとして、起訴を待って懲戒免職される模様です。元主任検事は罪を認めているようですが、本来、裁判で有罪が確定するまでは、刑事被告人は「無罪」と推定され、法律上犯罪者として扱わないことが原則となっているはずです。民間企業ならまだしも、法律を扱う役所である最高検察庁や法務省が、この「無罪推定の原則」を無視した懲戒処分を行ってもよいのでしょうか?まさにこの事件の舞台となった証明書偽造事件においてさえ、起訴された村木元被告が無罪判決を受け、起訴休職を解かれたわけです。最高検察庁及び法務省は、法制度の大原則を曲げてはいけないと思います。そして、そもそもの証明書偽造事件自体は、真相が全く解明されていません。にせ障がい者団体と無関係の一係長が、報酬ももらわず、あのような証明書偽造を行う必然性がありません。間違いなく政治案件であり、厚生労働省のもっと上の方が関わっているに違いないと思われます。データ改ざん事件は、どうもその「目くらまし」であるように思えてなりません。


| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM