日野町長選の結果

 日野町長選が終わり、現職候補が3選を果たされました。今回は、4年前と違って、「中学校給食民営化問題」というわかりやすい争点があり、しかも選挙戦最終日には、現職選対幹部の町議会議員が、新人候補派の町民に暴行を加え、警察が捜査に乗り出すという事件まで発生して、現職候補にとってはそれなりの逆風もあったわけですが、それでもふたを開ければ、現職候補の圧勝という結果でした。
 私自身は、あえて誰に入れたかは書きませんが、現職候補と4年前に激闘を演じた当事者であり、その時お世話になった皆さんの多くが今回は新人候補を応援されていましたから、新人候補の後援会には入会させていただきました。なお、選挙運動期間については、所属する会社(オフィス資)の業務の都合で、告示直前から現在まで東京に滞在しており、直接的な関わりはできませんでした。投票は、事前手続きをして、東京で不在者投票を行ない、棄権するようなことはしませんでした。もちろん、選挙の前後を通して、町民の皆さんと、いろいろ情報交換はしていましたので、今回の町長選を分析してみました。
 まず、最初に紹介したいのが、実際に投票に行った20代の若者の声です。この人が言うには、「現職は過去の腐った政治を少しは変えたので一定の評価はできるが、財政を悪化させる給食センターの直営方式を撤回しないことは認められない。政策的には新人候補を支持したいのだが、この人が町長になると、私利私欲の古いタイプの政治家や、いわゆる町の有力者の言いなりになる恐れがある。」ということで、どちらに投票するか随分悩んだとか。なるほどな、と思いました。直接町政に関わっておらず、しがらみのない町民は、このように見ているのです。
 一方、私が住む日野地区の住民の間では、反現職派の人の中でも、「奥野さん以来旧日野から町長が出ていない。もうそろそろ、旧日野から町長が出てくれないと。」とか、「新人候補の方は、町議会議員だということだけれど、全くなじみがなく、どんな人かもわからない。」、「今回は南比と桜谷の戦いだ。なぜ高井君が出てくれないのか?」と言った声が聞かれました。このあたりは、昭和30年の合併から60年近く経った現在もなお、旧日野町とそれ以外の6ケ村との壁が完全には解消されてということなのでしょう。実は、私は、この意識のズレを、新人候補の選対幹部に事前に指摘したのですが、一笑に付されてしまいました。その上、新人候補の総決起大会が東桜谷公民館で開催されたわけで、日野町全体から支持を集めなければならない町長選挙で、逆に地元地区を重視するあまり、その他の地区の住民をシラケさせてしまうことになったような気がします。私はいままで、いくつもの首長選挙に関わってきましたが、首長選挙では、過度に自分の地元を重視する方針を打ち出した候補者は、ことごとく落選しています。
 おそらく、こういったことが重なって、結果的に現職候補の圧勝に結びついたのではないでしょうか。もはや「ムラ型選挙」は通用しない、ということなのです。

いよいよ日野町長選が始まります。私は、今回は、資金難のためお休みです(苦笑)。現職以外に誰も手を挙げる人がいない場合は、昨年の町議選に引き続き無投票にするわけにはいかないので、立候補だけはしようかと考え、周囲にもそのように伝えていたのですが、幸い、町議の方が対抗馬として立たれることになったため、散財をしなくて済みました。それはさておき、今回の町長選において、私が、前回戦った現職町長を支援しているという噂が流れているそうです。おそらく現職陣営が、選挙戦を有利に進めるために、そのような噂をでっち上げているのでしょうが、まったく迷惑なことです。私は、学生時代から、さんざん共産党には裏切られ続けてきたため、他のどの政党よりも、共産党が嫌いです。現職町長は、表面上はともかく、実態は共産党と大変深い関係性をも持たれているわけですら、間違っても私が現職町長を支援するなんてことはあり得ません。これ以上書くと、公選法に触れるおそれが出てきますので、ここまでにしますが、私は新人側の後援会にも入っていますので、そのようにご理解下さい。

桐生市議会

桐生市議会で、「放射能汚染地域に住む人の血って、ほしいですか」などとツィートした議員が、「公人である市議会議員として全くふさわしくない」などとして除名処分を受けました。確かに、この市議の言動はいささか過激であり、一部の市民の感情を害するような表現が多く見られ、道義的には問題が多いことに違いありません。しかしながら、「除名処分」となると、話は少し変わってきます。「除名」を含む議会の懲罰は、地方自治法に規定があります。懲罰の種類としては、「除名」の他に、「一定期間の出席停止」、「公開の議場における陳謝」、「公開の議場における戒告」があり、いずれも議員定数の8分の1以上の議員の発議により議題となり、「除名」は出席議員の3分の2以上、その他の懲罰は出席議員の過半数の賛成により成立します。今回は「除名」なので、出席議員の3分の2以上が賛成をしたため処分が決定したわけです。問題は、地方自治法は、議員に懲罰を科すことができる場合を2つに限っていること。その1つは、議員が地方自治法や会議規則、委員会に関する条例に違反した場合で、もう1つは、議員が正当な理由なく招集に応じなかったり、会議に欠席したため、議長が特に招状を発しても、なお理由なく出席しない場合です。これらの場合に限り、議会はその議員に懲罰を科することができるわけですが、今回のケースは、議会外で行なったツィート(ツィッターへの投稿)の内容を問題にしたもので、地方自治法や会議規則、委員会に関する条例のいずれに違反する行為ではなく、その議員が議会に正当な理由なく出席しなかったわけでもありません。つまり、地方自治法に定める懲罰の理由を完全に欠いているのです。ある行為が刑法上で有罪とされる条件(構成要件に該当し、違法且つ有責な行為)になぞらえて見ると、「構成要件に該当せず、違法性も存在しない行為」と言えますね。つまり、除名処分された議員が、「お恐れながら」と訴え出れば、除名処分は無効という判決が出る可能性が極めて高いのです。一般的に、裁判所は、議会の懲罰については、議会の自律性を認めて、司法判断をしないことになっていますが、「除名」だけは、当該議員の身分に関わることであり、即ち、議会外の社会との関係性に関わることですから、例外的に司法判断をすることになっています。従って、今回のケースでも、訴訟が提起されれば、十分に処分取消しの判決が期待できるのです。道義的にどうか、ということと、法的にどうか、ということは、全く別次元のことであり、法令に基づいて職務を果たさなければならない議員が、このように感情に流されて、違法な処分を決定することは、許されることではないのです。桐生市議会では、本人を含め2名が退席して20人が記名投票を行ない、18名の賛成、2名の反対で、懲罰動議を可決しました。私と仲の良い西牧秀乗議員は、この理屈をよくわかっていて、ちゃんと反対をしたそうです。

お前ら阿呆か?

滋賀県議会の議会改革検討会議で、県政モニター430人を対象としたアンケートで、回答者の6割が県議の活動をよく知らないと答えたという結果を受けて、「ゆるキャラ」づくりや「県議会の歌」制定が提案されたそうです。 これらは、旅館経営者や大学理事長の委員から出た案だそうですが、はっきり言って、「お前ら阿呆か?」と言いたい気分です。実は、私は、この議会改革検討会議の公簿委員(社会人枠は1名!)に応募したのですが、あっさりと落選しました。公募委員として当選された方は、なんでも自民党の地域支部役員の方だそうですが、この方は、最初の会合から欠席をされたとか。で、公募でない委員の提案が、「コレ」です。私も県政モニターであり、このアンケートに回答しましたが、もちろんこの設問に対しては「よく知らない」と答えました。もちろん、私自身が県議会や県議の活動を知らない訳はなく、県議会や県議自身が、活動の中身をしっかりと県民に説明していない、という意味で、「よく知らない」と答えたのです。おそらく、他のモニターの皆さんも、そうだと思います。県議会や県議による情報公開や説明の努力が足りない、というのが、このアンケート結果の意味であって、「ゆるキャラ」を作れとか、「県議会の歌」を作れなどというふざけたことを求めているわけではありません。はっきり言って、この議会改革検討会議のレベルは低過ぎます。お隣の三重県議会を見習うべきでしょう。そもそも、公簿委員がわずか2名(うち1名は学生)で、7月から11月までの極めて短い期間で結論を出すなどという会議のあり方自体に問題があります。まともな市民参加もせずに行なう議会改革がいかに無意味かを物語る事例はたくさんあります。滋賀県議会も、まさにその轍を踏もうとしています。
 

市民と議員の条例づくり交流会議2011

今年は、福島第一原子力発電所事故の影響による電力不足のため、特に首都圏で強く節電が求められており、様々な催し物が計画変更を余儀なくされています。私が企画部会員として大会企画・運営に関わっている「自治体学会」も毎年8月後半に総会・全国大会を開催していますが、今年は、2年も前から決まっていた埼玉県所沢市での開催について、節電の観点から埼玉県庁が強く難色を示したため、やむなく10月に延期して、東京都内で開催することになりました。また、同じく運営委員として関わっている「市民と議員の条例づくり交流会議」も、例年は7月末に首都圏で交流会議(シンポジウム)を開催することになっているのですが、今年は節電のため、京都市内での開催と変更になりました。近畿では、この2月に、地方企画として「市民と議員の条例づくり交流会議 in 関西」を大阪府茨木市にて開催したばかりなのですが、せっかくの機会ですので、近畿周辺にお住まいの方は、せひご参加下さい。


「市民と議員の条例づくり交流会議2011〜議会改革の到達点−市民の議会へのさらなる挑戦」

日時 2011年7月30日(土)14時〜17時30分  (京都産業大学)
場所                ※懇親会19時〜   (龍谷大学大宮学舎生協食堂)
          7月31日(日)9時30分〜15時30分(龍谷大学深草キャンパス)

参加費 議員・議会事務局10,000円、市民5,000円、学生2,000円
                      (会員:議員5,000 円、市民・学生は無料)

主催 市民と議員の条例づくり交流会議
    龍谷大学 地域公共人材・政策開発リサーチ・センター(LORC)
共催 日本公共政策学会関西支部

【第1日目=7月30日(土) 総会&特別分科会&交流会】
□総会
14:00〜 条例づくり交流会議総会(交流会議会員のみ)

□特別分科会
15:30〜 シンポジウム「地方議会改革」(共催:日本公共政策学会関西支部)
      〈パネリスト〉
       村山祥栄さん(京都党)、辻陽さん(近畿大学)、富野暉一郎さん(龍谷大学)、
       渡辺裕さん(四條畷市議会)、安本美栄子さん(伊賀市議会議長)

【第2日目=7月31日(日) 全体会&分科会】
□全体会
09:30〜  あいさつ
09:40〜  この4年間の総括
         廣瀬克哉さん(自治体議会改革フォーラム代表/法政大学)
        コメンテーター:三谷哲央さん(三重県議会議員)                                  
                 大同衛さん(京丹後市議会議員)
10:30〜  実態調査2011の報告
         長野基さん(跡見学園女子大学)
10:45〜  分科会紹介(15分)

□分科会
11:00〜  分科会 受付開始
11:15〜  分科会《午前の部》
12:30〜  昼食休憩
13:30〜  分科会《午後の部》
15:30   終了

◎第1分科会「市民の議会をどうつくる?」
首長対議会という構図の中で、議会改革が問われている。しかし本来は市民が首長と議会という二つの代表機関をどう使いこなしながら自治体を運営していくかが問われているはずだ。市民の議会をどうつくるかが、議会改革の核心である。市民と議員の討議のなかで次の改革課題を考える。

〈報告〉
「自治基本条例の審議過程における市民と議会との対話」(仮題)
   桑畠健也さん(所沢市議会議員)
「市民が主催する市議会との対話」(仮題)
   木原勝彬さん(政策研究ネットワーク「なら・未来」)

◎第2分科会「総合計画とどう付き合うか」
先の自治法改正で、市町村基本構想の策定と議決に関する義務が廃止された。議会は地域の総合計画に対し、どうイニシアティブを発揮すべきか。 総合計画に議会としてどう向き合うべきかを考える。

〈基調報告〉総合計画と議会の概論、全体的な動向
   菅原敏夫さん(地方自治総合研究所主任研究員)

〈パネルディスカッション〉
・天野秀治さん(奈良市議会議員)
・上澤義一さん(飯田市議会議長)
・大同衛さん(京丹後市議会議員)
・栗山町議会(依頼中)

◎第3分科会「復興計画と議会」
大規模災害からの復興のあり方を包括的に決定する「復興計画」。時間的制約の大きい復興計画の策定過程に、議会はどのように関与していくべきか。市民参加のあり方なども含みつつ、「復興計画」のあり方と議会の役割を討議する。

〈レクチャー〉「復興計画」とは?
  紅谷昇平さん
(ひょうご震災記念21世紀研究機構 人と防災未来センター研究部研究主幹)

〈事例報告〉「長岡市復興計画」策定過程における長岡市議会の経験
  酒井正春さん(長岡市議会議長)

 グループワーク/全体ディスカッション

◎特別分科会
開催校企画 「議会議員の能力開発を考える:報告と「質問力研修」デモンストレーション」
(定員50名)
議会と長という二元代表制のもとで議会が果たす機能・役割の重要性が高まれば、それを支える議員の「力」はますます重要となります。本分科会では「市民の議会」を支える議員の政策形成能力の開発について、報告と本年1月に実施した研修のデモンストレーションを行います。議会での一般質問に焦点を当て、実際に行われた一般質問を議員自身とアドバイザーが分析・検証し、一般質問の機会を活用する「質問力」の伸長をめざす研修のデモののち、分科会参加者と質疑応答やグループワークを行います。
  企画責任者:土山希美枝(龍谷大学)
  本分科会は、龍谷大学地域公共人材・政策開発リサーチ・センター(LORC)が主催します。

詳細、申し込みは、市民と議員の条例づくり交流会議のサイトへ


県議選

昨日は、滋賀県議会議員選挙の投開票日でした。わが蒲生郡選挙区では、無所属新人で対話の会推薦の井阪尚司候補が、自民党公認現職の山田尚夫候補をわずか43票差でかわし、初当選されました。私が勤務するオフィス資の社長が対話の会幹事長であるため、本来なら喜ぶべきことかもしれませんが、山田尚夫さんには、3年前の町長選挙で大変お世話になっているため、非常に複雑な心境です。多様な民意を反映するためにも、1人区というのはどうか?という気もします。全国的には、民主党の惨敗だという評価がなされています。しかし、選挙結果を見てみると、都道府県議会議員選挙における獲得議席数は、前回と比較すると、民主党が−9.90%で自民党が−6.20%。いずれも大幅に減らしています。さらに言うと、共産党が−14.0%、社民党が−30.2%。増やしているのは、既成政党では公明党の+1.2%だけで、あとは、みんなの党と諸派、無所属が大幅増です。つまり、既成政党のほとんどは、みんな負けた、ということです。自民党や民主党内の反菅勢力は、今回の結果を受けて、一気に倒閣運動に走り出したいようですが、選挙結果を客観的に見ると、どうもそれどころではないのではないか、という気がします。政治家は全員、頭を冷やすべきでしょう。さて、1週間後には、日野町議会議員選挙が始まります。無投票になるようなら立候補しようかな、と考えたこともありますが、幸い選挙が行われるようで、私の出番はなさそうです。そういう訳で、今回の統一選後段は、オフィス資て請け負っている敦賀市長選挙にかかり切りになります。私が政治の世界に入って20年。初めて立候補しない統一選となります。三鷹での支持者であり、大学の先輩でもある元共同通信社政治部長からも、「高井さんは、負け癖がついているから、少し休んだ方がいい。」と言われています。私も、その通りだな、と思っています。


市民と議員の条例づくり交流会議 in 東海

私が運営委員を務めている市民と議員の条例づくり交流会議では、今月27日(土)に、愛知県刈谷市でシンポジウムを開催します。ぜひご参加下さい。

◆「市民と議員の条例づくり交流会議 in 東海2010」◆ 
東海から変える!市民と議員のチカラ 
●もっと使おう議会を!● 

*市民・行政・議会、みんなで見つけよう 
*地域の課題解決への「山の登り方」 

地方分権・地域主権、国での動きがあります。でも、国から地方に任せれば、何もかもうまくいく?何もかもうまくできるほど、私たちの自治体は、議会は、仕事ができていますか?そもそも、議会の仕事って何でしょう?議会でできること・しないといけないことって、何でしょう。そして市民は、選挙のときだけ議会に政治に関わればいいのでしょうか?いえいえ、自分たちのまちのこと、もっと関わる方法があるのです。 
「市民が議会を『使って』自分たちのまちをつくる」実は、そんなまちがあちこちに現れ始めています。「形だけの市民の代表の集まり」から「市民の考えを代表して、進む道を決める場」へ。ひとりひとりの市民が議員が変われば、議会も変わり、まちも変わります。市民も議員もいっしょになって、未来のまちをつくるための第一歩を、ここから始めましょう。 

【プログラム】 
◆全体会(13:00〜15:10 小ホール) 
「民主主義のイロハのイ〜市町村議会の必要性」 
              江藤俊昭 山梨学院大学教授 
    「議会って何?基本のキ 〜議会改革の今とこれから」 
              廣瀬克哉 法政大学教授 自治体議会改革フォーラム呼びかけ人代表 

◆第一分科会(15:30〜17:30 604会議室) 
「議会を使って考える〜市民が作った 『議会のトリセツ (取扱説明書 )』」 
       奥村有紀子(「市民必携@議会のトリセツ」編集長) 
※「市民必携@議会のトリセツ」販売します!最後の増刷ですこの機会に是非!1冊¥500 
「みんなで始めよう『この指とまれ』対話ワークショップ」 
       武藤郷史(ファシリテーター) 

◆第二分科会(15:30〜17:30 小ホール) 
「自分たちで考えるまちの未来〜首長マニフェストと総合計画、総合計画と議会の役割」 
      西寺雅也(山梨学院大学教授 前岐阜県多治見市長) 
「市民・議員等によるパネルディスカッション」 
パネリスト:西寺雅也氏(山梨学院大学教授 前岐阜県多治見市長) 、 
日高章氏(社)日本青年会議所 東海地区 愛知ブロック協議会 会長、 
桂川将典氏(北名古屋市議会議員)、細川甚孝氏(博宣株式会社 主任研究員) 

◆交流会(18:00〜604会議室) 費用別途 
交流会にて、対話ワークショップの内容をシェアします。 

◆オプショナルツアー11/28 9:30集合〜12:00 南医療生協病院見学 
   (9:30JR南大高駅改札集合) 参加費無料。 


【日 時】2010年11月27日(土)13時00分〜17時30分
【場 所】刈谷市産業振興センター
       愛知県刈谷市相生町1丁目1-6(JR刈谷駅北口)

【主 催】市民と議員の条例づくり交流会議 in 東海 
     「東海から変える!市民と議会のチカラ」実行委員会  
     市民と議員の条例づくり交流会議 
     自治体議会改革フォーラム  
【後 援】自治体学会
      公益社団法人日本青年会議所東海地区協議会
      日本青年会議所愛知ブロック協議会
      ローカル・マニフェスト推進地方議員連盟
      全国若手市議会議員の会 他 

【参加費】議員4000円
      市民1000円
      学生無料(ボランティアスタッフとしてご協力ください) 
      交流会別途3000円 

【オプショナルツアー】翌日11/28に名古屋市内の「南医療生協病院」見学ツアーを行います。足掛け4年にもわたり、延べ1000人にものぼる医療関係者、地域の人、組合員さんと議論を重ねた「病院らしくない病院」です。参加希望の方は申し込みフォームよりお願いします。参加費は無料です。 


【お申込み】 こちらからどうぞ http://kokucheese.com/event/entry/5356/
【お問い合わせ】 「お問い合わせフォーム」よりお願いします。  
【連絡先】03-3234-3844 
【e-mail】sgjk2010tokai@gmail.com 


補正予算案修正可決

日野町議会が、一般会計補正予算案に計上された中学校給食施設設計委託料を認めず、この部分を削除した修正案を可決したそうです。中学校給食の実施を巡っては、実施の可否だけでなく、仮に実施する場合でも自校方式にするのか、小学校給食と一体化したセンター方式とするのかで、町民の意見が完全に割れています。また、他自治体では、民間業者に業務委託する例もあり、財政が豊かでない日野町が、中学校給食をどうするのかについては、まだまだ議論や検討がつくされていないような気がします。今回の採決では、修正案に対する賛否が可否同数となったため、杉浦和人議長が「願わくば全会一致が望ましい」として賛成票を投じ、その結果修正可決となったとか。町長派の議員は「先延ばしだ」と反発しているそうですが、可否同数の場合、議長は「現状を維持する側」に票を投じるのが議会制民主主義の常道とされているため(最近ではこの常識が忘れられつつありますが)、今回の杉浦議長の表決は正しい判断だったと言えます。いずれにせよ、経常経費を押し上げる政策ですから、財政全体の状況を鑑みながら、慎重に検討してほしいものです。


市民と議員の条例づくり交流会議2010

今日は、法政大学市ヶ谷キャンパスで開催された「市民と議員の条例づくり交流会議2010」に運営委員として参加しました。この会議は、今年で10回目を迎えるもので、私は、第3回に基調報告者として参加した後、4年ほど前から運営委員として企画実施に携わっています。今回は、来年の統一自治体選挙を控えて、「市民の議会をつくろう!」と題して、自治体議会改革のさらなる推進を訴えることを目的として2日間にわたって開催し、全国から約300人の参加者がありました(残念ながら、滋賀県からの議員参加者は皆無でした。)。私は、「議会事務局のミッション」という分科会の運営を担当しました。この分科会は、参加者のちょうど半分が議会事務局職員、残りが、現職の議員や議員経験者、さらに、議会との関わりの中で、いろいろと問題点を感じている一般市民という構成でした。今年は、5月に自治体学会佐賀武雄大会プレ企画と市民と議員の条例づくり交流会議 in 九州(福岡市)が、さらに今月のお盆明けに自治体学会佐賀武雄大会が、それぞれ九州北部で開催され、この地域の自治体関係者や街づくり関係者のネットワークが素晴らしく活性化していて、今回の交流会議にも、同じメンバーが九州から遠路大勢駆けつけてくれました。その中心的メンバーの中に、日本ファシリテーション協会のメンバーが複数おられて、その協力で、「ワールド・カフェ」という新しい手法で、参加者のディスカッションを進める方式を新たに採り入れた結果、大変おもしろい議論を展開することができました。その模様は、京都新聞のウェブ・サイトでも報じられているところですが、議会改革のひとつの手段としても有効なのではないかという気がしました。


嘉田知事再選

長かった滋賀県知事選が終わりました。私は、所属するオフィス資の社長・塚本茂樹が、「対話でつなごう滋賀の会」の事務局長を務めており、且つ嘉田由紀子選挙対策本部の事務局次長になった関係で、嘉田選対の事務をお手伝いしました。今回の知事選に関しては、前回の日野町長選でいろいろな立場の皆さんに応援していただいたこともあり、特定の陣営に関わらないつもりで、首都圏の某参議院議員候補の選対をお手伝いする予定だったのですが、嘉田選対の本部事務所があまりにも手薄だったため、塚本社長から指示があって、急遽嘉田事務所に入りました。告示2週間前に初めて出勤した時には、事務所のスタッフはわずかに3人。いったいどうなることかと思いましたが、結局、選挙戦の終盤になっても、本部の常駐スタッフは10人にも満たず、これでよく42万票もとれたものです。こうなると、もはや、選挙戦略というより、嘉田候補の政治姿勢が有権者から純粋に評価されたにすぎない、と言うべきだと思います。また、次点落選された候補者の政策が、あまりにもお粗末だったということも、大きな要因だったのでしょう。マスコミの分析にもありましたが、琵琶湖大橋と近江大橋の無料化というただひとつの政策が、財源の裏付けもなく、また近々行わなければならない琵琶湖大橋の架け替えに要する巨額の予算の手当を全く考慮していないという、ずさん極まりないものであったことが、有権者にはお見通しだったということです。この政策を考え出したと言われている自民党のY県議が、新聞記者からその財源について質問され、「そんなものはない。10年後に考えればよい。」と言い放ったという噂が流れています。この噂がマスコミの間に広まり、その結果、マスコミが争点として取り上げなかったとも聞いています。これが本当であれば、U候補は、あまりにもレベルが低い県議たちの犠牲になったようなもので、気の毒な限りです。


| 1/2PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM